NFTアートを販売してみた【具体的な出品方法】

悩む人
悩む人

NFTアートを販売したい。

出品方法を教えて。

こんな悩みに答えていきます。

  • NFTを販売する手順
  • OpenSeaで出品する(5ステップ)
  • NFTを販売するメリット

この記事を読めば「OpenSea」でNFTを販売できるようになります。

NFTアートを販売する5つの手順

NFTは販売するのは簡単です。
配送がなく慣れればメルカリより早いです。

以下のとおり。

  • 手順①:暗号資産取引所で口座開設
  • 手順②:MetaMaskでウォレット作成
  • 手順③:OpenSeaでアカウント作成
  • 手順④:MetaMaskにコインを送金
  • 手順⑤:OpenSeaでNFTアートを出品

とても簡単です。手を動かしていきましょう。

手順①:暗号資産取引所で口座開設

NFTを販売するには仮想通貨が必要です。

どこでもOKですが、コインチェックがおすすめ。

初心者向けで使いやすいです。無料かつ5分で作れます。

詳しくは「コインチェックで口座開設する5つの手順を画像付きで解説」をどうぞ。

初心者は口座開設後にまずは1000円ほど入金がおすすめ。

手順②:MetaMaskでウォレットを作成

MetaMask(メタマスク)はWeb上のお財布のイメージ。ここで売上を管理します。

無料で作れます。

詳しい手順はメタマスクの使い方・送金方法を解説【完全初心者向け】」でどうぞ。

手順③:OpenSeaでアカウントを作成

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイスです。NFT界のAmazonです。

ここでNFTを販売します。

詳しくは「OpenSeaの登録方法を3つの手順で解説」をどうぞ。

手順④:MetaMaskにコインを送金

次にコインチェックで買ったETHをMetaMaskに送金します。

初心者にややこしいと思うので、「コインチェックでイーサリアムの買い方とメタマスクの送金を解説」を読んでください。

購入から送金までを10枚の画像付きで解説しています。

手順⑤:OpenSeaでNFTアートを出品

もう終わりが見えてきましたね。

それではOpenSeaでNFTアートを出品する方法を画像付きで解説していきます。

  • ①:OpenSeaへアクセス
  • ②:OpenSeaでコレクションを作る
  • ③:コレクションの情報を入力する
  • ④:作品をNFT化する
  • ⑤:NFTアートを販売する

ややこしく思うかもしれませんが、10分もかからないです。

①:OpenSeaへアクセス

まず、OpenSeaの公式サイトへアクセスする。

メタマスクを開いて、「イーサリアムメインネット」になっていることを確認する。

ポリゴンを使う人は「Matic mainnet」に変更。

②:OpenSeaでコレクションを作る

「自分のアイコン」→「My Collectionska」の順番でクリック。

メタマスクから署名をクリック。
そして、「Create a collection」をクリック。

③:コレクションの情報を入力する

  • Logo image:ロゴ画像
  • Featured image:アイキャッチ画像

後から修正できるのでとりあえずロゴ画像だけでOK。

  • Banner image:ヘッダー画像
  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの説明

こちらも後から入力や修正が可能なので、NameとDescriptionだけでOK。

日本語と英語で書くようにしましょう。英語が苦手な人は翻訳などをどうぞ。

  • Category:作品のカテゴリー
  • Links:あなたのSNSアカウント
  • Royalties:再販の時のロイヤリティの割合

CategoryはArtやMusicなど選択できます。Linksであなたを紐づけるSNSアカウントの入力します。

ロイヤリティは印税と思ってください。あなたの作品を買った人がその作品を他の人に売った時何%か収入を得ることができます。

ここでは、そのロイヤリティ率を設定していきます。やり方は以下のとおり。

高くても売れず、安すぎると損をするので、5%くらいがオススメ。

※最大で10%設定が可能。

  • Blockchain:販売する通貨を選択
  • Display theme:作品の展示方法を選ぶ
  • Explicit & sensitive content:過激な作品でなければ、何もしなくてOK

Blockchainはイーサリアムがおすすめ。理由は市場規模が大きいから。

これであなたのコレクションが完成しました。お店だと思ってください。

④:作品をNFT化する

まず、「Create」をクリック。
NFT化したい作品の情報を入力していく。

  • Image,Video,Audio ,or 3D Model:作品をアップロードする
  • Name:作品の名前
  • External link:作品を紹介するWebサイトがあればのせる
  • Description:作品の説明
  • Collection:先ほど作ったコレクションを選択

その他は初期設定のままでOK。

  • Supply:そのままでOK
  • Blockchain:ETHを選択
  • Freeze metadata:そのままでOK

最後に「Create」をクリック。

これで作品のNFT化ができました。

あとはNFTアートを販売するだけです。

⑤:NFTアートを販売する

「Sell」をクリック。

  • Fixed Price:固定価格で販売
  • Timed Auction:オークションで販売

初心者はFixed Price(固定価格)で大丈夫です。

値段を決めて、「Complete listing」をクリック。

すると「Sign」と「署名」を求められるのでクリック。

ガス代は始めの1回だけ支払います。時間によって値段が変わります。おすすめは朝or土日。

だいたい5000円から9000円くらい。

あとで回収できるので、必要経費として払っちゃいましょう。そのあとは無料で出品できます。

これでNFTアートを出品できました。

NFTアートを販売するメリット

  • ①:ライバルが少ない
  • ②:マネタイズできる
  • ③:NFT界隈と繋がれる

順番に解説していきます。

①:ライバルが少ない

NFTは成長市場でいま勢いがあります。周りにNFT買った!とか何ETH稼いだ!とか言っている人はまだ少ないです。

早く始めると先行者優位を取ることができます。

②:マネタイズができる

小学生が夏休みで作ったNFTアートが140万円で取引されました。

NFTアート販売は稼げるポイントがあります。

これからの時代、大人より稼ぐ子供が増えていくでしょう。

③:NFT界隈と繋がれる

NFT界隈の人とTwitterでつながることができます。

これは本当に毎日が楽しいです。NFTゲーム、メタバース、Web3.0などこれからの時代のテクノロジーを吸収できます。

NFTを販売してみたのまとめ

NFTを知っていると実際に買う・販売するは天と地ほどの差があります。

自己投資と思って始めてみましょう。あとで費用は回収できます。

NFTを販売する手順は以下のとおり。

※この記事を読んだ97%の人が何もせずに閉じてしまいます。まずは動いてみることをオススメします。

Comment

タイトルとURLをコピーしました