【無料】ドット絵のNFTアートを作れるアプリ3選

悩む人
悩む人

ドット絵のNFTアートを作って出品したい。

こういった悩みに答えていきます。

  • ドット絵のNFTを作る無料アプリ
  • 作ってから出品までの流れ(6ステップ)
  • 参考にしたいドット絵のNFT

それではみていきましょう。

ドット絵のNFTを作れる無料アプリ3選

ドット絵のNFTを作るおすすめアプリは3つです。

dottable

ドット絵エディタ - Dottable
ドット絵エディタ – Dottable
無料
posted withアプリーチ

画像を簡単にドット絵に変換することができるからです。

これを使うと色塗りをするだけでOK。下記のようなドット絵は3分でできました。

8bit painter

8bit Painter
8bit Painter
無料
posted withアプリーチ

個人的には8bit painterは操作がしやすいです。

pixelable

Pixelable - ドット絵エディター
Pixelable – ドット絵エディター
無料
posted withアプリーチ

動くドット絵を作りたい人はこちらがおすすめです。

作ってからドット絵のNFTを出品する6手順

以下の通り。

  • 手順①:アプリでドット絵を描く
  • 手順②:暗号資産取引所で口座開設
  • 手順③:MetaMaskでウォレット作成
  • 手順④:OpenSeaでアカウント作成
  • 手順⑤:MetaMaskにコイン送金
  • 手順⑥:ドット絵のNFTを出品

難しそうですが、すぐに終わります。

手順①:アプリでドット絵を描く

先ほど紹介したアプリをDLして作品を作ります。

アプリは無料で簡単に作れます。スマホでOK。

手順②:暗号資産取引所で口座開設

NFTを出品するには仮想通貨が必要なため口座開設をします。

どこでもOKですが、おすすめは「コインチェック」です。

初心者向けで使いやすいです。無料かつ王手なので持って損はないかと。

詳しくは「【完全無料】コインチェックで口座開設する5つの手順」をどうぞ。

手順③:MetaMaskでウォレット作成

MetaMaskは仮想通貨を管理するWeb上のお財布です。

無料で簡単に作れます。

手順④:OpenSeaでアカウント作成

OpenSeaは世界最大のNFTマーケットプレイスです。ここでNFTを出品するイメージ。

手順⑤:MetaMaskにコイン送金

コインチェックで買ったETHをMetaMaskに送金します。

手順⑥:ドット絵のNFTを出品

先ほど作ったドット絵をOpenSeaに出品していきます。

詳しくは以下でまとめています。

参考にしたいドット絵のNFT

Crypto Punks

https://www.larvalabs.com/cryptopunks

世界的にも価値の高いドット絵とされています。

NFTブームの火付け役存在でもあります。

日本人ではエイベックスの松浦さんなどが所有しています。

CrypToadz by GREMPLIN

https://opensea.io/collection/cryptoadz-by-gremplin

カエルのドット絵のNFTアートです。

人だけでなく、動物のアートも人気があります。

99%の人は何もせずこの記事を閉じます。

ここまで読んだあなたは上位1%に入れます。あとは行動するだけです。

※クリックすると解説記事へ

Comment

タイトルとURLをコピーしました