殺したのは誰?ボヘミアンラプソディー 歌詞 和訳

6月4日に地上波の金曜ロードショーでボヘミアンラプソディーが放送されました。

日本語が気になった人も多いと思います!

ボヘミアンラプソディの和訳


Is this the real life

これは現実なのか?

Is this just fantasy

ただの幻想にすぎないのか?

Caught in a landslide

土砂滑りに引き込まれたように

No escape from reality

現実からは逃げられない

Open your eyes

ちゃんと瞳を開けて

Look up to the skys and see

顔を上げて空を見つめよう

I’m just a poor boy, I need no sympathy

僕はただの哀れな男、同情なんていらない

Because I’m easy come, easy go

だって手に入れては失ったからね

A little high, little low

ただ、身を任せてきたんだ

Anyway the wind blows, doesn’t really matter to me, to me

どのみち 風は吹くんだ、僕にはたいしたことではないさ

Mama, just killed a man,

ママ、僕はたった今、人を殺してきたんだ

Put a gun against his head

あいつの頭に銃口を向けて

Pulled my trigger, now he’s dead

引き金を引いたら、あいつは死んだ

Mama, life has just begun,

ママ、僕の人生は始まったばかりさ

But now I’ve gone and thrown it all away

なのに、もう何もかも投げ捨ててだめにしてしまったんだ

Mama, ooo,

ママ

Didn’t mean to make you cry

悲しませるつもりなんてなかったんだ

If I’m not back again this time tomorrow

もし明日の今頃僕が戻ってこなくても

Carry on, carry on,

そのままでいて、いつものように過ごしてね

As if nothing really matters

まるで、何もなかったみたいに

too late, my time has come,

もう遅すぎだ、ついにこの時が来たんだ

Sends shivers down my spine

背筋が震えてゾクゾクするよ

Body’s aching all the time,

ずっと体中が痛いよ

Goodbye everybody 

じゃあね、みんな

I’ve got to go

僕は行かなきゃ

Gotta leave you all behind and face the truth

みんなの前から去って、現実に目を向けるよ

Mama, ooo

ママ

I don’t want to die,

死にたくないよ

I sometimes wish I’d never been born at all

時々、僕なんて生まれて来なければ良かったと思うんだ

スポンサーリンク

I see a little silhouette of a man,

小さな男の影が見えた

Scaramouch, scaramouch 

ならず者、スカラムーシュ

Will you do the fandango?

ファンダンゴを踊らないか?

Thunderbolt and lightning

雷がおちてが稲妻が走る

Very very frightening me

僕はすごく怖いんだ

Gallileo, Gllileo, Gallileo, Gallileo, 

ガリレオ、ガリレオ、ガリレオ、ガリレオ

Gallileo figaro magnifico

ガリレオ、フィガロ、マニフィコ

I’m just a poor boy and nobody loves me

僕は哀れな男で、誰も愛してなんてくれない

He’s just a poor boy from a poor family

彼は貧しい生まれの哀れな男だ

Spare him his life from this monstrosity

この怪物のような運命から守るよ

Easy come easy go will you let me go

うまいことやってきたんだ、僕を行かせてくれないか

Bismillah! No,

神に誓って!ダメだ

We will not let you go let him go

行かせないよ、彼を行かせてよ

Bismillah! We will not let you go let him go

神に誓って!行かせない、彼を行かせてよ

Bismillah! We will not let you go let him go

神に誓って!行かせない、彼を行かせてよ

Will not let you go let me go

行かせない、俺を行かせてくれよ

Will not let you go let me go

行かせない、俺を行かせてくれよ

No, no, no, no, no, no, no

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ

Mama, mia, mama mia, mama mia let me go

おお、なんてこった、なんてこった

Beelzebub has a devil put aside for me, for me for me

ベルゼブブが悪魔がよんだんだ、僕のそばに

So you think you can stone me

だから石を投げつけて

And spit in my eye

つばをはいて、侮辱するんだね

So you think you can love me

僕を愛して

And leave me to die

死ねというんだね

Oh Baby Can’t do this to me baby

ああ、君がそんなことできるはずないよね

Just gotta get out

逃げださなくちゃ

Just gotta get right outta here

早くここから逃げださなくちゃ

Nothing really matters,

何もたいしたことじゃないさ

Anyone can see,

誰にだって分かる事だよ

Nothing really matters, nothing really matters to me

何もたいしたことじゃないさ、僕にとっては

Anyway the wind blows…

いつだって風はどこかに吹くから

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディの解説

日本語の歌詞をみても正直あんまりわからないと思います。

色々解釈はありますが、一番有力な説を紹介します。

有名な「Mama, just killed a man,」でフレディが自分自身を殺しています。

とうのも、自分がバイであることに気がついたが、ありのままで生きれなかった。

だから、偽りの自分を殺して、バイでとして生きていくというメッセージがこめらているのです。

その後に、「Mama, life has just begun,」とあることから、納得がいくと思います。

Comment

タイトルとURLをコピーしました