サルでもわかるNFT講座①【NFTの基礎知識】

悩む人
悩む人

最近よく聞くNFTについて知りたい。

僕はNFTの勉強して、実際に作品を作ったり、買ったりしています。

誰でもわかるように解説しますね。

私はNFTの勉強をする時に「NFTの教科書」を読みました。

参考にしてみてください。

NFTの教科書

NFTとは

NFTは「Non Fungible Token」の略です。

日本語では、非代替性トークンとなります。

代替とは”変えが効く“というイメージをもってください。

こわかりやすいように代替性トークンと非代替性トークンの違いを紹介します。

代替性トークンの例

お金は世界中どこでも同じ価値があります。

例えば、僕が磨いた100円もお釣りでもらった100円も同じ価値があります。

これをデジタルの世界でしたのが仮想通貨なのです。

非代替性トークンの例

私のTシャツとあなたのTシャツのサイズがたとえ同じでも交換は貨幣のようにできません。

それは所有する意識があるから。

つまり、NFTとはデジタルの物に価値を与えるということです。

デジタルの物を所有することができるようになります。

NFTの仕組み

NFTはブロックチェーンという技術の上で成り立っています。

ブロックチェーンとは全ての取引データをみんなで共有して信頼を担保させるものです。

NFTの活用事例

アートとしてのNFT

出典

今までアートは物質として取引されました。

今後、アートはデータとして扱われます。

コピーの心配は不要です。NFTによって唯一無二として作品は保証されます。

ちなみにこの作品は約9000万円で入札されています。

トレーディングカードとしてのNFT

出典

TOP SHOTがNBA(アメリカのバスケリーグ)のトレーニングカードをNFTではじめました。

デジタルなので、交換が容易になりました。

NFTのまとめ

NFTを一言で表すならば、デジタルの商品がモノとして値段がつくと思ってください。

また、NFTは誰でも作ったり、買ったりすることができます。

NFTの買い方を「サルでもわかるNFT講座②【NFTの買い方】」で解説しています。

初心者向けにNFTを始める時に必要なものを画像付きで解説しているので、参考にしてみてください。

NFTアートを初めてみたい人

NFTゲームを始めてみたい人

Comment

タイトルとURLをコピーしました